サプリメントで無理なく効率的なダイエットを!

サプリが体にどう作用しているのか?

基本的には脂肪燃焼系のサプリメントがダイエットサプリとして売られていますが、そのサプリメントが体にどのように作用しているのかを説明したいと思います。私達の体に入れる物ですから、どのように作用しているのかを知らないと気持ち悪くて摂取しようとは思わないですよね

私達の体は食べた物を燃焼してエネルギーに変換しています。実際に燃焼している訳ではありませんが。分かりやすいのでそのような表現が使われていますね。使われる材料としては脂肪だったり、糖質だったり、グリコーゲンと呼ばれる物質だったりします。

ダイエットにおいては有酸素運動がいいとされていますが、その理由としては、脂肪を材料にエネルギーを作り出すため、結果的に体脂肪が減り痩せるといった効果があるからですね!

その脂肪を燃焼させる時にはビタミンB1やクロムなどといったビタミン・ミネラルなどの微量栄養素がとても大事になってきます。これらの微量栄養素が体内に十分な量あれば、問題無く脂肪が燃焼されてエネルギーに変換されるのですが、体内にこれらの微量栄養素が少ないと脂肪は上手く燃焼されず、運動はしているけど、あんまり体脂肪が減らないなーという状況を引き起こします

ダイエットサプリメントというのはこういった状況を防ぐ為、ビタミンB1やクロムといった栄養素が入っている物が多いです。今度見かけたら入っている栄養素を確認してみてくださいねー!

ダイエットサプリメントの成分とその作用

ダイエットサプリメントにはさまざまな成分があります。それによって作用も違いますが、自分にあったものを選ぶことが重要です。また安全性などもしっかりチェックして選択するようにしましょう。ここではダイエットサプリメントとして主に使われているさまざまな成分とその作用などをまとめてみました。

ラクトフェリン
ラクトフェリンは世界中で研究されていますが、2006年に日本のあるメーカー研究所によって内臓脂肪の減少効果を世界初、臨床試験においてもはっきりと証明されました。そしてラクトフェリンは腸内において、悪玉菌が増殖するときに必要となる鉄分と結合する働きがあるため、悪玉菌の増殖を抑えることができます。それによって腸内環境を改善しますが、それによって当然便秘も改善されます。他にも腸内環境の改善によって脂肪吸収を抑えることもでき、さまざまな面からダイエット効果が期待されているのです。

乳酸菌
乳酸菌は腸内環境を改善する効果が高く、それによって腸内には善玉細菌が増えることになります。善玉菌が多いことで脂肪吸収を抑える善玉菌も活性化するため、同じ食事をしても脂肪吸収率はまったく違ってきます。肥満の人と一般体重の人の糞便による腸内善玉菌の数を調べる臨床試験によって、太っている人の方がずっと腸内環境が悪かったのです。

また善玉菌はビタミンや酵素も作り出し、これらも脂肪吸収を抑える効果につながります。そして乳酸菌はコレステロールの吸収を抑制するという作用もあるのです。腸内環境の改善がダイエットと密接に関係し、そのためダイエットと健康目的としても乳酸菌サプリは人気があります。

ガルシニア
ガルシニアとはガルシニア・カンボジアというインドやタイなどの多雨地域に自生する、オトギリソウ科の植物の実を指します。インドなどでは食用のスパイスにも使われていますが、ダイエットサプリの成分としても使われています。

糖質を脂肪に変換せずエネルギーに変えていくという作用があり、その作用が満腹中枢を刺激し空腹感を抑制するというものです。食事の前にガルシニアサプリを摂取することで食べすぎを予防することができ、カロリーコントロールダイエットのサポートをする成分なのです。食べすぎが改善できずに悩んでいる人にもおすすめのダイエット成分ではないでしょうか。

ギムネマ
ギムネマはインドに自生するガガイモを原料としており、正式名ギムネマ・シルベスタと言います。効能は炭水化物の吸収を抑える作用があり、血糖値の上昇を抑えるというもので別名グルマールとも言われています。これは「甘みを壊す」という意味で、ギムネマの葉を噛んでいると甘みを感じなくなるため、このようなネーミングが付いたとのこと。

つまりギムネマ酸が体内の糖質の吸収を抑えてくれるのです。そのためサプリとして肥満や糖尿病、生活習慣病の予防や改善効果が期待されています。ただし鉄分の吸収も抑えてしまうので、鉄分不足には注意が必要です。そのため鉄分吸収抑制成分を省いたギムネマサプリもあるのでそちらの方が人気があると言われています。

またギムネマは血糖値を下げる効果が強く、低血糖症状を招くということも注意しなければなりません。そのため摂取量はきちんと守るようにしましょう。しかしこのような副作用からも、ダイエット効果が高いことが分かります。注意事項を守って摂取するようにしたいものです。

キトサン
エビやカニの殻から抽出した成分がキトサンです。ダイエットの他にも外科手術などにも利用されている生物素材の一種です。キトサン自身に食物繊維が豊富なので、体内に脂肪を溜めづらくします。そして脂肪や老廃物を胃の中でキトサンの食物繊維に絡めながら腸に流れ、そのまま排出してしまうという作用があります。また排便もスムーズになるため便秘予防、解消によるダイエット効果も期待されています。

またコレステロールや血圧も下げる効果があり、厚生労働省から認められたトクホ成分としても注目されています。特に油っぽいものが好きな人のダイエットにおすすめです。飲むタイミングは食後に飲むと最大限の効果を得ることができます

サラシア
サラシアはインドなどに自生している蔓科の植物です。根や幹の部分から抽出したエキスが5000年も前からアーユルヴェーダでは使われていました。特に炭水化物の吸収を抑える効果が高く、ダイエット効果が期待されている成分です。

糖質吸収抑制効果によって血糖値を下げる効果があり、これは2002年のWHOでも認められました。血糖値を下げる効果はとても強力とのこと。腸内吸収を抑えるだけでなく、腸内環境のバランスを整える効果が認められています。糖尿病予防をしたい人にもダイエット目的の人にお勧めです。ちなみに肌代謝にもとても効果が高いと言われています。

コレウスフォルスコリ
コレウスフォルスコリはインドやネパールに自生するシソ科の植物で、アーユルヴェーダに登場する成分です。サプリではフォースコリーというネーミングで親しまれています。効果は脂肪細胞を活性化させて燃焼させる効果があります。脳には脂肪細胞をコントロールする信号の受信機とされるβ3アドレナリン受容体がありますが、ここの働きが悪いと脂肪の分解や燃焼が低下し、太りやすい体質を作ることにもなってしまいます。

コレウスフォルスコリはこのβ3アドレナリン受容体を通らずに直接脂肪燃焼を行うというものなので、β3アドレナリン受容体が活性化されていない人でも脂肪燃焼を活発に行なうことができるのです。副作用は下痢をする人もいるので、用量を1度に飲まずに2回に分けたり、少なめの量から少しずつ増やして自分にあった量を探ってみましょう。

ファビノール(インゲン豆エキス)
インゲン豆エキスであるファビノールは豆科のインゲンから抽出した成分です。世界中で食品として使われていますが、重要なタンパク源としても南米などでは大量に食べられています。ファビノールは食べ物を消化する酵素であるアミラーゼの働きを阻害します。

アミラーゼは特に炭水化物を分解して吸収するために必要な酵素ですが、この酵素を阻害することで、炭水化物の吸収阻害ができるのです。炭水化物が大好きな人のダイエットには、とてもあったダイエット成分の1つです。ただしデンプンの吸収のみ阻害効果があるので、フルーツの果糖やお菓子などの糖分の吸収阻害はできません。そのため安心してお菓子をたっぷり食べてしまうと逆に太るということにもなってしまいます。

寒天
寒天サプリは粉タイプが多いようですが、寒天を摂取することで満腹感を一時的に得ることができます。また寒天は海藻なのでカロリーはとても低く、水溶性食物繊維が豊富なことから便秘解消効果が高いのです。特に胃の中で水分によってぷるぷるに膨れ、それが脂肪や糖質をからみとりながら腸に流れ、そのまま便と一緒に排出されていきます。

ごぼうや芋などの堅い繊維が豊富なものは、逆に便秘をひどくしてしまうこともあります。便秘解消のためには、海藻やきのこの大量に含まれる水溶性食物繊維が一番だと言われています。寒天サプリはデトックスという意味からもダイエット効果が期待されているのです。寒天ばかり食べているわけにもいかないので、粉タイプのサプリを食事のときに摂取すると、脂肪吸収阻止、便秘解消、満腹感と3つのダイエット効果が期待できるのです。

マンナン
マンナンというと、いわゆるコンニャクのことを言います。サプリの成分としてはとても歴史があり、40年ほど昔から、ダイエットサプリとして人気のあったものです。胃の中で水分を含んだコンニャク成分が、胃の中で柔らかいプルプル状態になります。それによって満腹感が感じられ、食前に摂取するとカロリーコントロールがしやすくなります

またコンニャクには水溶性食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消効果も抜群なのでダイエット効果が期待されています。お腹がすいたときにもコンニャクを食べるつもりで、マンナンサプリを摂取すれば空腹感から解放されるという効果もあります。

黒酢
黒酢は血行を良くし代謝を高める効果があります。それによって脂肪燃焼効果も高く、ダイエットにもおすすめな成分なのです。血中のコレステロールの減少効果もあり、体内に脂肪を溜め込まない体質作りをしながらダイエットすることができます。もともとお酢には脂肪を溜め込まない効果がありますが、特に代謝効果は発酵に時間をかけた黒酢は抜群です。

酵素液
酵素サプリやエキスによるダイエットはとても人気があるようですが、酵素を摂取することで栄養素の吸収率がとても高まるため代謝も高まります。それによって代謝の高い太らない体質を作ることができるのです。またカロリーコントロールを行っても吸収が良いので、質の良い食事のカロリーコントロールをしてもリバウンドもなくダイエットができます。またプチ断食などを行うことで胃腸の働きを高め、より代謝の高い体づくりもできるのです。

チアシード
チアシードは古代マヤ時代から健康のためにも摂取されていたシソ科の種で、チアシードオイルは種から抽出したオイルを言います。完全食とも言われている栄養豊富なチアシードで代謝アップ効果もあり、オメガ3が豊富なので脂肪燃焼効果もあるのです。ダイエットをサポートするダイエット成分として、スーパーモデルなどもチアシードファンが多いと言われています。

カリウム
カリウムはフルーツなどに多く含まれているミネラルですが、いわゆる利尿作用が高い成分です。水分を排出する効果が高いため、むくみ予防・改善にもなります。太っている人はむくみ体質の人も多く、むくみを解消するだけでもすっきりします。そして利尿作用は塩分の排出にも効果もあり、老廃物も排出され血管の収縮がスムーズとなります。そのため冷え性も改善され、細胞を活性化し代謝も高まります。

酵母
酵母は脂肪燃焼効果が高いためダイエット効果が期待されています。また炭水化物などを分解促進させるためカロリー摂取を抑えることができるというものなのです。また胃の中で水と一緒になると大きく膨らむことで食欲を抑える効果もあり、カロリーコントロールも成功しやすいと言われています。ただし水分補給をしっかり行わないと、腸内で水分を吸収してしまい便秘の元にもなるので注意が必要です。

オレイン酸
オレイン酸の代表格というとオリーブオイルです。オリーブオイルはカロリーコントロールを必要としないので、今までダイエットに挫折した人にもおすすめです。オリーブオイルは摂取するだけで脂肪代謝を高くする効果があります。もちろんオリーブオイルにもカロリーがあるので、使い過ぎは注意が必要ですが、1日ティースプーン2杯程度ならカロリーも220キロカロリー程度なので、あまり心配いりません。

特に調理に使うサラダオイルを使わずにオリーブオイルに替えるだけでもいいのです。サラダにかけたりしてもおすすめです。満腹感もあるので食べすぎも防げると言われています。必要以上のカロリーコントロールはまったく必要はありませんが、摂り過ぎの人はある程度食べる量を減らすことも必要になります。

アミノ酸
アミノ酸は筋肉をつくるためにもとても重要です。そしてダイエットには基礎代謝を高めることがとても大切であり、基礎代謝を上げるためにはアミノ酸が大切となります。特に基礎代謝が落ちている人は筋肉率も低下しています。そのためアミノ酸で筋肉を付け、基礎代謝を高めていきましょう。

そのため無理のない適度な運動をすることで、適度に筋肉が付きダイエット効果をサポートしていきます。またアミノ酸は脳内のα波を増加させる効果があり、リラックス効果があります。特にダイエット中のイライラなどにも効果があり、ダイエットの失敗原因ともなるストレスを解消も期待できます。

メリロート
メリロートはアジア、ヨーロッパなどに自生するマメ科植物です。甘い香りでハーブとしても使われていますが、むくみを解消し血圧やコレステロールを下げる効果があります。また体内の酸化を防ぐためダイエットの他にもアンチエイジング効果が期待されています。

メリロートに含まれるクマリンという成分がむくみを解消してくれる働きがあります。またケルセチンがコレステロールを低下させ肥満体質を改善していきます。特に事務仕事、立ち仕事などのむくみやすい人のダイエットにおすすめです。

ノニ
東南アジアや南太平洋諸島などの熱帯に生息するアカネ科の植物です。ノニはハワイでの呼び名で、ミラクルフルーツとも言われている木の実です。細胞を活性化して基礎代謝を高める効果があり、また血流を良くしていき血圧を下げたり生活習慣病の予防などにも期待されています。

アミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素、植物繊維、オレイン酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノールなどが豊富に含まれていますが、これらどれもダイエットと深くかかわっている成分とも言えます。健康とダイエットの両面から期待できる成分です。

シトラスアランチウムシトラスアランチウムはダイダイの学名ですが、日本でも人気のかんきつ類です。ヨーロッパではビターオレンジという名称で苦みのあるオレンジとして愛されています。例えばマーマレードなどにも使われている人気のオレンジです。

だいだいの皮にはシネフリンという成分が豊富ですが、脂肪燃焼に必要なβアドレナリン受容体を刺激する作用があります。そのため体脂肪を燃やすというダイエット効果があるのです。しかし摂取し過ぎは副作用が強いため、単独でのサプリは禁止されています。

カプサイシン
カプサイシンは唐辛子に含まれる辛み成分のことですが、特にアジアの料理に使われることが多いようです。特に韓国などは唐辛子をたくさん使用した料理が基本となっています。このカプサイシンには脂肪燃焼効果があり、血行促進効果もあり代謝を高めることができます。

しかし唐辛子をたくさん食べると日本人の場合、胃腸を痛めることも多いため食べすぎは危険です。運動をする人は特に代謝が高まるのでおすすめです。カプサイシンのサプリなら、胃腸を痛めずに辛いものに対するストレスもなく摂取することができます。

L-カルニチン
L-カルニチンは血中に放出された脂肪を、ミトコンドリアが内部に取り込むために必要不可欠な成分です。そのため脂肪をエネルギーに変えるサポート作用があります。2004年にはドイツのソルトック大学でL-カルニチン摂取によって脂肪燃焼が促進される臨床実験に成功しました。適度な運動を行うとより効果が高いとも言われています。サプリメントとしては1日1000mgを上限と厚生労働省は発表しています。

コエンザイムQ10
コエンザイムQ10というと、美肌やアンチエイジングとして人気がありますが、実はダイエット効果も高いのです。人が動くためのエネルギーは、ミドコンドリアの中に取り込まれている脂肪酸を燃やすことです。そのときにコエンザイムQ10がエネルギーに変換します。しかしコエンザイムQ10は年齢とともに減少していくため、中年太りということも起こるのです。

ミトコンドリアの中にはたくさんのコエンザイムQ10が存在していますが、それによって脂肪を燃やすことができ、そのためコエンザイムQ10を摂取することがダイエットとしておすすめなのです。ただし、コエンザイムQ10は食品からでは吸収率がとても低いのでサプリの方が確実に摂れると言われています。またコエンザイムQ10でのダイエットの場合は運動をすることが条件となります。正しい食事と運動によって、健全なダイエットが行えるというものなのです。

苦瓜エキス
苦瓜というと、ゴーヤなどの苦い部分の成分のことを言います。鉄分、カリウム、リン、カルシウムなどのミネラルとビタミンCやカロチンも豊富にふくまれている抗酸化物質で、血糖値を下げ冷え性なども改善します。代謝アップ効果も高く、なんといっても糖質カット効果がダイエットをサポートしてくれます。

ジンジャーエキス
ショウガは世界中で代謝を高める食品として体を温めることにも使われています。特に血行を良くし、代謝を高めるこができます。徹底的にジンジャーを多く摂るには食事だけではちょっと大変ですが、サプリになっていれば気楽に摂ることができ、体温コントロールをしながらダイエットにも効果があるというものです。エキスタイプの他、粉末タイプもあります。

マジンドール
食欲調節中枢に作用し食欲を抑えてくれるダイエットサプリ成分です。また新陳代謝がアップ効果もあり、ダイエットには嬉しい効果です。厚生労働省が認可している薬ですが、飲めば痩せるという薬ではありません。

食事をしっかり考え、有酸素運動も行うことが必要になるので、服用するなら医師やトレーナーに相談するといいでしょう。また服用は3カ月以上は禁止です。副作用の面では睡眠障害、目まい、抗うつ、不安症、嘔吐、口渇感などがあります。

ゼニカル
ゼニカルは日本では許可されていませんが、アメリカのFDAでは認可されているので安全性は心配ないようです。食欲を抑えるタイプではなく、脂肪の吸収をしにくい状態にするのでカロリーを制限することができるというものです。

脂肪を意識した食事をしている人は、あまり意味がないとも言えそうです。どうしても油料理が好きで止められないという人に向いています。しかし他の栄養素も吸収できずに排出されていくので、長期間使うことは危険となります。通販や個人輸入で購入できます。

ダイエットサプリメントはいくらぐらい?

これもサプリメントをまったく取らない人からしたら相場が分からない物ですよね〜逆によくサプリメントを摂取するという人にとってはこれぐらいかなー。と分かってしまうものです。という事で、ここではダイエットサプリメントと呼ばれるサプリメントの値段の相場をご紹介したいと思います。

まずはコンビニで売られている様な物の価格です。サプリメントはコンビニでも売られていますが、その中にもダイエットサプリメントとして売られている物もあります。そのサプリメントの値段の相場としては2000円前後といった所でしょうか。コンビニに売られているという事もあり基本的に安価な値段設定の物が多いですね!

そしてドラッグストアで売られている物の価格です。薬局やドラッグストアではコンビニよりは品揃えが豊富です。ここで売られているようなものは2000円〜6000円ぐらいが相場だといえます。効果や入っている栄養素にもよって異なるので一概にはいえませんが、大体こんなもんでしょう。

ただ、高ければいいってものでもないです。ダイエットサプリを購入する際に気を付けてもらいたいのは極端に安いものは当たり前ですが、極端に高いものというのも注意が必要です。サプリメントは高ければ良いってものでは無くて大事な事は必要な栄養素がどれだけ含まれているかという事になります。

ですから、購入する時には値段もそうですが、栄養素表示を見てダイエットに有効な成分がどれだけ含まれているかという事を確認した上で購入してくださいね!!そうでなければいらない栄養素に高いお金を払ってしまう事になりますからね!


脂肪燃焼系のダイエットサプリ
糖質カット系サプリ
排出系ダイエットサプリ
基礎代謝向上サプリメント
酵素ダイエット・酵母ダイエットサプリ