サプリメントで無理なく効率的なダイエットを!

炭水化物カットサプリのダイエット効果について

炭水化物はダイエットの大敵です。もちろん炭水化物も人間には絶対に必要な栄養素であり、まったく摂らないようにすると健康被害が心配となります。しかし現代は炭水化物依存症の人も多いほど、炭水化物の摂り過ぎの人が増えています

そのためダイエット中は特に、炭水化物をカットすることが成功の近道となります。そしてダイエットサプリの中でも炭水化物カットサプリ、あるいは糖質カットサプリにとても人気があります。やはり日本人は温かい白いご飯が大好きです。そのため炭水化物カットサプリは、日本人に合ったダイエットサプリとも言えそうです。

炭水化物の吸収を抑えるサプリの成分には、いろいろな種類があります。例えば白インゲンはその効果が高いことでも知られています。また大麦β-グルカンも炭水化物の吸収を抑えてくれます。他にもセキレンカギムネマなども、炭水化物カットサプリの成分として使用されています。

炭水化物を制限あるいはカットすることで、ダイエットできるというメカニズムについて簡単にご説明しましょう。また、炭水化物はすぐにエネルギーになる成分です。もちろん血中の糖質分だけ動けば脂肪にはなりませんが、それでも今まで溜っている脂肪を落とすことはなかなか難しいわけです。

そこで炭水化物をカットすることで、体は溜っている脂肪をエネルギーに変えるようになります。そこで初めて溜まっている脂肪分を燃やして減らすことができるのです。炭水化物を多く摂れば摂るほど、運動などで燃やさない限りエネルギーとして燃やせいない分は脂肪として蓄えてしまいます

それではいつまでたってもなかなかダイエットできません。そこで炭水化物カットサプリを摂取すると、多くの炭水化物をカットすることができ、早く脂肪を燃焼することができるのです。単なるカロリーコントロールでのダイエットでは一時的にダイエットに成功したかのように見えますが、すぐにリバウンドが起こってしまいます。それに比べて他の栄養素をしっかり摂る炭水化物カットダイエットなら、リバウンドの心配もないのです。

炭水化物カットサプリの成分について

炭水化物カットサプリや糖質カットサプリは、お米や麺類の大好きな日本人にとって救世主のようなものです。さて炭水化物カット成分にもいろいろな種類があります。例えば白インゲンエキスや大麦β-グルカン、セキレンカやギムネマ、ペドラウメカ、サラシアなどがあります。それらについてもう少し深く掘り下げてみましょう。

特に白インゲンエキスは、炭水化物をカットする効果も高いと言われています。食べた物を消化する酵素にアミラーゼというものがあります。特に芋類、ご飯類、麺類などのデンプンを分解して吸収を助ける酵素と言われています。このアミラーゼの効果を阻害する成分がファビノールという酵素阻害物質なのです。ファビノールが豊富に含まれているのが白インゲンであり、白インゲンから抽出したエキスはさまざまな炭水化物カットサプリに使われています。

ただし、このファビノールはデンプンの分解にだけかかわっている成分なので、お菓子や調理に使う砂糖やフルーツの果糖などは阻害できません。そのためダイエットサプリでは他の成分と一緒に配合されている場合が多いようです。またギムネマも糖質の吸収を抑える効果があることで知られています。特に糖類の吸収を妨げ、血糖値の上昇を抑える効果があります。甘いものが大好きな人には特におすすめです。

またβ-グルカンは胃の中で水を吸収すると、ゼリー状になって糖質の吸収を防ぐ働きをしてくれます。特に吸収を完全にカットするというより、ゼリー状になったもので食べた糖質を包むため、吸収がとても遅くなり血糖値を上げないようにしてくれるのです。またセキレンカやペドラウメカなどの植物も炭水化物や糖類の吸収カット効果があることで知られています。

他にもサラシアも糖質の吸収を抑える効果があります。サラシアの糖質の吸収を抑える効果は、2002年にはWHOでも認めたほどです。また腸内環境を良くし便秘などを解消するので、よりダイエット効果が高くなると言われています。

炭水化物カット薬を上手に利用したダイエット

炭水化物カットサプリだけでなく、炭水化物カット薬を上手に利用したダイエットもおすすめです。炭水化物をカットする医薬品は、特に糖尿病患者などにも使われていますがダイエットでも利用できます。ではまず炭水化物カット薬がおすすめな人はどのような人か考えてみましょう。

炭水化物カット薬によっても、炭水化物カット率は違ってきますが、例えば人気のある医薬品には70%カットすることができるものもあります。特に急いでダイエットをしたい人や、どうしてもご飯やパン、麺類などをどうしてもやめられない人におすすめです。

また日本で特に人気のある、脂質カット医薬品というものもあります。炭水化物ではなく、脂肪分の摂り過ぎの人におすすめの医薬品です。やはりオルリスタット系のもので、ロッシュ社グラクソ・スミスクライン社から、それぞれの商品名として出まわっています。これらは中枢神経に作用しないタイプなので、日本からは合法的に個人輸入もできる医薬品となっています。

また炭水化物カット効果や脂質カット効果だけでなく、中枢神経系に影響を及ぼし満腹と勘違いさせるタイプのものは、医師の指導下でなければ購入することができません。そのため手軽に使えるため炭水化物カット系や脂肪カット系の医薬品は人気があるのです。

炭水化物カット効果のある医薬品は、痩せるというより太らないという効果で止めてしまっている人も多いようです。しかし使用方法によってはしっかり痩せる薬になのです。それには炭水化物カット効果や脂肪カット効果に頼り切らずに、自分でも炭水化物を減らす努力をすることです。そうすることでダイエット効果はグーンとアップするはずです。

炭水化物カットや脂肪カット効果のある医薬品を摂取しても、なかなか体重が落ちないという人は、医薬品に頼りすぎて自己努力が足らないのではないかということも見直してみましょう。いくら効果の高い医薬品でも、摂取する食べものが多かったり運動量が少ない場合は、今の状態を保つだけで痩せないということにもなってしまいます。

炭水化物カットサプリと血糖値の関係

ダイエットでは食後の血糖値の上昇度を示すグリセミック・インデックス、つまりGI値の低い食品を摂取することが大切になります。まず血糖値が上がるというのは簡単に言うと、血液中の糖質率が高くなるということです。

血液の中の糖質がエネルギーとなるわけですが、一気に上がってしまっても一気に消化することは難しいのではないでしょうか。そこで血中で増えてしまった糖質はエネルギーになれず、脂肪へと変っていきます。そのため、まずダイエットではこの糖質を脂肪に変えないことが重要になるのです。そしてその上で脂肪を燃焼させることがダイエットの基本となります。

それなら食事をしなかったり、カロリーの低いものを食べればいいではないかというのがカロリーコントロールダイエットです。しかしカロリーを必要以上に低くすると、今度は生命危機を感じた体が脂肪を溜め込み、燃やさないような体質にスイッチを切り替えてしまいます。こうなると後に待っているのは、リバウンドか病気ということになるわけです。

そこでリバウンドもなく健康的に必要な栄養をしっかり摂りながら脂肪を燃やすためには、血糖値を上げない、またはゆっくり上げていく食品や食べ方が大切なのです。そのため炭水化物や糖類をカットするサプリが血糖値を抑えるサポートをしてくれるというわけです。

炭水化物カットサプリでは白インゲン豆のエキスが人気ですが、これはデンプンを分解するα-グルコシダーゼの働きを阻害する作用のある成分が豊富に含まれているため、いつもの食事をしてもご飯やパンなどの炭水化物の消化分解が抑えられ血糖値が上がりにくくなります。それが脂肪燃焼につながるようになるというわけです。

またカナダのトロント大学の研究チームは、豆類を毎日食べると2型糖尿病患者の血糖値が改善するという研究結果を報告しています。それほど豆類全般に抗αリダクターゼ物質が豊富に含まれているということなのです。このように炭水化物カットサプリは血糖値を抑える効果があるのです。

炭水化物カットサプリのランキングは?

炭水化物カットサプリの商品はさまざま出ていますが、口コミによるランキングを見ると人気の高いサプリは効果と価格だということが分かります。しかしランキングだけでなく、自分にとってどれが効果があるかということも考える必要があるのではないでしょうか。

例えば炭水化物カットサプリでも白インゲンエキスが主体のサプリなら、デンプンの分解効果が高いサプリとなります。それは白インゲンエキスがデンプンの分解阻止だけに効果があるからなのです。そのためご飯、麺類、芋類などのデンプン類が多い人にはとても効果が期待出来るサプリです。しかし甘いお菓子や甘めの味つけが好きな人は、どうしても白インゲン主体のサプリでは効果に満足できない可能性があります

また脂肪分の多いものが好きな人には例えばガルシアなどの脂肪を作る働きを抑える成分などが配合されているサプリがおすすめです。このように自分の食生活や運動量などに合わせたサプリが重要です。炭水化物カットサプリでもさまざまな成分が配合され、どんなタイプにもおすすめのものもあります。よくそのサプリの特性を見て、自分と合うか考えるようにしましょう。

また多くの人が炭水化物カットサプリを選ぶときに気になることは、やはりコスパではないでしょうか。1カ月3000円以下であることが人気の秘訣のようです。そしてランキングの上位を見ると、効果はもちろん大切ですが、やはりコスパ、無農薬、無添加、天然素材ということにもこだわっていることが分かります。